Kamuro|カムロ

「アイケアデザイン」という発想

2017
May
20

2017 May 20

最近では健康志向の高まりから、テレビの番組や雑誌などで色々と特集が組まれたりしていますね。
メガネ業界も例外ではなく、色々なアイケア商品が日々生み出されています。
 
そこで、本日ご紹介するのが
 
 
2015-6-5-4
レンズ専門メーカーである東海光学の新コンセプトレンズ「ルティーナ」。
 
 
2015-6-5-1
 
 
 
 
 
眼の健康を奪う眼疾患には様々なものがあります。
 
2015-6-5-5
 
なかでも「加齢黄斑変性」は身近でありながら恐ろしい眼疾患のひとつ。
 
眼の中にあってモノを見るのに重要な部分「黄斑部」に存在する色素「ルテイン」が紫外線などによって
 
損傷、減少する事によってこの疾患が引き起こされると言われています。
 
アメリカ人の失明の原因の一位になっている恐ろしい疾患です。
 
最近では日本の食文化が欧米化したせいかルテインの不足している人が増えているようです。
 
 
 
 
「ルテイン」は緑黄色野菜に多く含まれるのですが、食事摂取以外では体内では産生できない色素です。
 
 
lutina-img6.gif
紫外線を含む短波長光を吸収する特性があり、ルテインが減少すると加齢黄班変性や白内障のリスクが高まります。
 
 
 
 
 
眼は紫外線などの短波長光(ブルーライトもそのひとつ)を浴びると眼の中で酸化ストレスが発生します。
 
 
 
lutina-img2.gif
一般的なUVカットのレンズでは光によって酸化ストレスを受け、ルテイン劣化が起きやすいです。
 
 
 
 
 
lutina-img3.gif
ルティーナを装用することで酸化ストレスが小さくなり、ルテイン劣化を抑えてくれます。
 
 
 
 
 
2015-6-5-8*HEV(High Energy Violetlight) 
 
 
 
 
 
ルティーナを日常的に装用する事はサプリメントを摂取するように、目を健康に保つ効果が期待できます。
 
*メーカーHPも是非ご覧ください→東海光学ルティーナ
 
 
 
 
ルティーナのサンプルレンズを用いたこんな簡易キットを製作しました。
 
IMG_5220.JPG
 
真ん中に紫外線に反応して色の変化する調光レンズを置き
その上に半分ずつ被さるように通常のUVカットレンズとルティーナレンズが置いてあります。
 
 
IMG_5222.JPG
 
そして400~420nmの光を照射するレーサーポインターを左から右へと動かしていくのです。
ルティーナレンズでは光をカットするために下の調光レンズの色が全く変わりません!!
 
写真だと嘘か誠か分かりづらいのですが、店頭にていつでもデモンストレーションが出来ますのでいつでもお申し付けください!!
 
単焦点、遠近両用など幅広く対応した新しい「ケアレンズ」。 ご興味のある方はスタッフまでお気軽にご相談下さい。
 
 
 
メグロ
 
 

銀座本店
〒104-0061
東京都中央区銀座7-5-19
銀座龍櫻閣1F
GoogleMap
TEL:03-5537-5886
FAX:03-5537-5887
MAIL:ginza@kamuro-net.co.jp
11:00〜20:00(日曜~19:00)
不定休

Archives